Lily Brown(リリーブラウン) >TOPICS(トピックス)>Numero TOKYO 編集長・田中杏子のSTYLE TRICKS vol.1「新作アウター、どう着こなす?シーン別 正解コーデ」

S
T
Y
L
E
T
R
I
C
K
S
W
I
T
H
A
K
O
T
A
N
A
K
A

Numéro TOKYO 編集長 田中杏子さんがレクチャー 新作アウター、どう着こなす?
シーン別 正解コーデ

ほどよくモードで、ほどよくリアル。おしゃれの見せ方を熟知した、田中杏子さんによるスタイリング連載! 第1回目は、春先まで使える優秀アウターを特集。シーン別のベストな着こなしを、旬のキーワードや法則と交えてお届け。

#
1
D
O
U
B
L
E
B
R
E
A
S
T
E
D
J
A
C
K
E
T

「今季も人気のダブルジャケット、中でもチェック柄は注目株。映画デートなど、少しドレスアップしたい場面では、ワンピとのマッチングがベター。上からベルトでマーク、シルエットに緩急をつけると女性らしさも際立ちます」

「ジャケットはスーチングで着るとインテリ度もアップ。ミーティングなど改まったシーンでは、同素材のパンツとコンビで取り入れてみては? インナーや靴はヌーディに仕上げ、チェック柄をアピールするとさらに魅力が倍増」

リネンの素朴な風合いがポイント。オーバーサイズながらVラインを深めに設定、レディな雰囲気に。同素材のパンツとのセットアップも可能です。

#
2
W
O
O
L
L
O
N
G
C
O
A
T

「1着は揃えたいウールコート、今季はダスティカラーでトレンドを先どり。フォーマルな会食の場では、同系色のプリーツワンピでフェミニンにスタイリング。色数を絞ったほうがバランスよく見え、洗練度はぐっと上がります」

「無地のチェスターは、合わせるアイテムを選ばない万能アイテム。例えば女友達とのショッピングのとき。大ぶりな花柄ブラウスにホワイトデニム、頭にスカーフを巻いた上級者コーデも、大人っぽくこなれさせてくれます」

柔らかなウール生地を採用、細身のAラインに仕立てたチェスターコート。絶妙なくすみカラー、ベルトのオンオフで変化がつけるところもポイント。

#
3
T
R
E
V
C
H
C
O
A
T

「合わせ次第でガラっと印象が変わるトレンチ。街へのお出かけには、水玉シャツでフレンチシックに攻めてみては? 2020年は丸いものを取り入れると運気もUP。仕上げにスカーフを巻いて、ジェーン・バーキン風を気取るのも◎」

「週末のショートトリップには、肩の力が抜けた格好で。ペールニットやプリーツスカートでガーリーに仕上げつつ、ハンチングや厚底サンダルででラフに着崩して、トラッドなトレンチを日常着として上手く取り入れましょう」

女優気分で着こなすドレストレンチ。ベーシックな形を踏襲しながら、ベルトでウエストを絞るとフレアラインが出現。定番色に加え、チェック柄でも展開。

#
4
N
O
C
O
L
L
A
R
C
O
A
T

「着こなしに差がつくエレガントな襟なしトレンチ。オンとオフのスイッチ自在、ボーダーT×ブルーデニムでフレンチカジュアルに仕上げれば、散歩スタイルにもぴったり。トレンドのピンクなら、スイートな印象もUPします」

「舞台の観劇など、ドレスアップが求められる場面では、トーンを揃えたシックな着こなしを。レース切り替えのロンパースを主役に、レザー調のハンドバッグや大ぶりのハットで、こなれ感をプラスするのがおすすめです」

馴染みのトレンチを女性らしいノーカラーデザインで。肩を落とし、袖を膨らませることで旬の要素をプラスしました。薄手のコットン地だから春先まで万全!

#
5
J
A
C
O
U
A
R
D
B
L
O
U
S
O
N

「女子会ではトレンドライクな花柄ブルゾンで、周りに一目置かれる着こなしを。インナーはチュールやシフォン素材を取り入れて、華やかにスタイリング。ふくらんだ袖、透ける素材使いで、おしゃれ偏差値を引き上げましょう」

「清楚だけど華やぎも欲しい。そんな彼とのレストランディナーでは、ノースリーブのブラックドレスをチョイス。ストラップシューズやビジュー付きのバッグなど、レディライクな小物使いで、さりげなく女子力を底上げして」

ジャガードで表現された花柄が一面に。張りのある生地を採用、袖にタックを入れて丸みのあるシルエットに。同柄スカートとのワンピ風コーデもおすすめ。

STAFF
STYLING / AKO TANAKA
PHOTO & MOVIE / KOUDAI IKEMITSU(TRON)
HAIR & MAKE-UP / TAKAE KAMIKAWA (MOD'S HAIR)
MODEL/ HARUNA MATSUI(DONNA)
EDIT / YURI TANAKA
DESIGN /AI NAKAI