Lily Brown(リリーブラウン) >TOPICS(トピックス)>Numero TOKYO編集長・田中杏子のSTYLE TRICKS vol.4「夏服、どう洗練させる?ひらめきモードアップ塾」

S
T
Y
L
E
T
R
I
C
K
S
W
I
T
H
A
K
O
T
A
N
A
K
A

Numéro TOKYO 編集長 田中杏子さんがレクチャー 夏服、どう洗練させる?
ひらめきモードアップ塾

薄着になるにつれ、コーデもつい手を抜きがち。手軽かつ効果的に洗練させるには何を意識するべき? 第4回目は夏服をモードアップさせるテクニックを特集。トレンドを熟知した杏子さんが提案する、新鮮でトリッキーなアイデアをぜひ参考にして。

#
1
V
I
V
I
D
D
R
E
S
S
×
N
E
O
N
A
C
C
E
S
S
O
R
I
E
S

「鮮やかなクロスデザインのプリーツドレスに、思い切ってネオンカラーの小物をミックス。強めの色に強めの色を合わせることで、今年らしさが生まれます。初心者は2色でトライするなど、色数を絞って上手に攻略しましょう」

#
2
P
R
I
N
T
S
H
I
R
T
S
x
P
R
I
N
T
C
A
M
I
S
O
L
E

「柄×柄は引き続きトレンドですが、一歩先をいきたい人は、そこにアンバランスな要素をMIXしてみては? シャツから半分キャミを覗かせたり、アシメなピアスを合わせたり。あえての不完全を狙うことで着こなしが垢抜けます」

#
3
L
A
C
E
D
R
E
S
S
x
F
R
I
N
G
E
B
A
G

「手軽にモードアップさせるなら、レース、フリンジ、水玉……とトレンド要素をミックスさせるのも手。ただし主張のある服のときは、バッグや靴はモノトーンで統一するのが◎ ピアスもパールを選んで上品に仕上げて」

#
4
T
-
S
H
I
R
T
x
B
A
R
E
T
O
P

「Tシャツに+αの1テクが施されていたり。技ありトップスを活用するのもモードアップへの近道です。写真はビスチェをレイヤードしたようなユニークなデザイン。定番のパンツルックも、これ1着で上級者っぽくこなれます」

#
5
F
L
O
R
A
L
S
K
I
R
T
x
F
L
O
R
A
L
B
A
G

「スカートとバッグをあえてお揃いの柄にしてみる。予定調和を崩す着こなしがいま新鮮! 柄のマッチングを邪魔しないよう、トップスは無地をセレクト。バッグはサイズ調節でき、手持ちのスカーフでのカスタムも可能です」

#
6
L
A
C
E
S
U
I
T
S
x
V
I
V
I
D
T
O
P
V
I
V
I
D
T
O
P

透け感のあるレースのセットアップはこの夏の大本命。潔くオールホワイトできめるのもいいですが、鮮やかなインナーでメリハリをもたせるのもおすすめ。鹿の子編みのニットなら、カジュアルに転ばずレディな見映えに」

#
7
O
R
I
E
N
T
A
L
T
O
P
x
D
O
T
S
S
K
I
R
T

「トレンドにもあがっているドット柄。今年らしく着こなすなら、無地ではなく柄ものを合わせるのが正解です。おすすめは寄木細工模様のトップス。繊細な柄なので水玉のペプラムスカートと合わせてもシックにきまります」

#
8
R
E
D
R
O
M
P
E
R
S
x
W
H
I
T
E
A
C
C
E
S
S
O
R
I
E
S

「夏に欲しいのは1枚で主役になれるアイテム。この真っ赤なロンパースは、ケープ風の仕掛けが施されていて存在感もひとしおです。小物は白でミニマルに統一しつつ、ユニークなバッグとメガネで大人の遊びをプラスして」

#
9
S
P
A
R
K
L
E
D
R
E
S
S
x
M
E
S
H
A
C
C
E
S
S
O
R
I
E
S

「シャイニーなラメドレスもこれからの季節にぴったり。1枚でちょっとした夜の遊び場にもいけるし、昼はメッシュ小物を組み合わせてトーンダウンさせるのも◎ 足元をゴールドで締めると、モード感も損なわれません」

#
1
0
S
H
E
E
R
S
K
I
R
T
x
S
A
F
A
R
I
I
T
E
M

「主役に迎えたシアースカートは、ペプラムベルトとショートパンツがセットに。夏はボタンを開けて脚を見せたり、何通りにも着こなしが可能。旬のバケットハットをプラスして、サファリ風にアレンジするのもおすすめです」

STAFF
STYLING / AKO TANAKA
PHOTO & MOVIE / SODAI YOKOYAMA
HAIR & MAKE-UP / MIKA IWATA(MOD’S HAIR)
MODEL / HAZUKI ONISHI (IMAGE)
EDIT / YURI TANAKA
DESIGN /AI NAKAI