Lily Brown(リリーブラウン) >TOPICS(トピックス)>THE SECRET OF POWER DRESSING AKO TANAKA Numéro TOKYO 編集長 田中杏子さん連載Vol.3

STYLE TRICKS with AKO TANAKA vol.14

STYLE TRICKS with AKO TANAKA vol.14

コロナ以前のような振り切ったドレスアップは
難しいかもしれないけれど、
せっかく買った勝負服、
もっと活用したいですよね、と杏子さん。
華やかなドレスやスカートには、カジュアルなトップスを合わせて。
日常と非日常をシームレスに繋ぐ、
折衷的スタイリングテクを提案します。

1/3WAY SET DRESS

ブルゾンとワンピースがセットになった正統派なセットアップ。
フォーマルな食事会にも着ていける上品なデザインですが、
ストールやブーツを合わせれば、カジュアルな日常使いにも。
写真のようにブルゾンを前後逆に着て、アレンジ可能です。

ある日はワンピースにノルデイック柄のニットをレイヤード。
ウォーム感をプラスして、カジュアルなイメージに一新。
クロップ丈のトップスでスタイルアップを狙ったり、
黒のロングブーツで締めて、ほっこり見えすぎない工夫を。

2/FLORAL LONG DRESS

パーティ向けの華やかなドレス、実はニットと相性が良いのは
ご存知ですか? サテンの花柄ワンピには、アルパカ混の
ざっくりセーターを合わせて。トレンドカラーのグリーンを
基調に、ホワイトのブーツではずして抜け感を楽しみましょう。

3/DOT LONG DRESS

フォーマルでもカジュアルでも。シーンを問わず活用できる
ドット柄のプリーツワンピは、キャスケットでパリジェンヌ風に。
カーディガンはベージュをセレクト。差し色を効かせると
モノトーンの着こなしに新鮮なリズムが生まれます。

4/EMBROIDARY LAYERED DRESS

4/EMBROIDARY/LAYERED DRESS

オレンジのリブワンピと刺繍入りのレースワンピがセットに。
1着あるだけで、今季らしい個性的なスタイリングが叶います。
ロングブーツでカジュアルダウンさせたり、甘さをコントロール
することで、スタイリングの精度をアップさせて。

センシュアルな刺繍ドレスは、単体でも着まわしが可能。
例えばスウェット×スカートのシンプルなスタイリングも、
レースを挟むことで、特別感のある着こなしに。
シャイニーなブーツで、エッジを加えるのもお忘れなく。

5/LACE TULE DRESS

パーティや食事会など、ハレの場にぴったりなチュールドレス。
襟やカフス、ピンタックなど、細部にこだわりを感じますが、
ときにはニットのブルゾンで、ラフに着崩してみては?
ヌーディなカラーで統一すると、女性らしい抜け感も生まれます。

6/JAQUARD FLARE SKIRT

エレガントなジャカード織りのフレアスカートは、
黒のトップスをタックイン、オールブラックで引き締めて。
バゲットハットなど、対極にあるストリートなアイテムを
ミックスさせると、今年らしいフレッシュな装いに。

7/SHIRTS COLLAR LAYERED DRESS

こちらのワンピース、一見レイヤードに見えますが、
実は1着のワンピース。フォーマルな場面にぴったりな
ミニマルなデザインながら、バッグを斜めがけすれば、
一気にカジュアルに。オンオフ問わず活用できて便利です。